Blog

Home > BLOG

タルタルガ Shoes デザイナー日記

それぞれの個性に合わせて

2017.06.12

受注から約2カ月のお時間を頂きやっと出来上がった日、

tartaruga ではそのまま足慣らしの為に、お履きになってお帰り頂くことが多いです。

この日も数名の方がご来店下さったので、お写真を撮らせていただきました。

IMG_7446[1]

T様 tartaruga  のサンダルは初めて。

今まで履いてきたサンダルは前滑りで・・とのことでしたが、

吸い付くようなフィット感にご満足頂けたようです。

素材を思い切って黒のハラコとエナメル使いにされたK様。

とてもゴージャスですし、これならバックレスでもシーズンを問わずに履けそうです。

ジーンズにも、ちょっとしたドレスアップにも存在感のある雰囲気ですね。

IMG_7436[1]

子育て真っ只中のH様。

初めてのtartarugaの靴。

足に合わないスニーカーから履きかえて軽やかな表情でした。

IMG_7449[1]

こちらもtartaruga の1足目のお靴です。

H様は「その靴、痛くないですか?」の本を読まれてお越しになられました。

正しい歩き方で歩くことが足にどれだけ大切な事か、

それを実践するための靴を選ばれました。

1497227080538

ブティックオーナーをされているT様。

選ばれた8cmヒールのパンプス。

1497227082314

少し出ている外反母趾も綺麗にカバーして、

エッジの効いた素材使いでさすがにお洒落です。

色素材を選ぶのはとても楽しくもあり、悩む作業でもありますが、

それがあるから愛着もひと際強くなるというものです。

きちんと手入れして長く履い頂けたら嬉しいです。

bag  キャンバス×レザー バンブーハンドル イタリア製

¥30,240(税込み)

tartaruga shoes  No.1010  ¥68,000(税込み)

只今製作日数が75日となっております。

(トングサンダルは60日)

どうぞよろしくお願い致します。


tartaruga 工房

2017.06.03

地下一階にあるtartaruga 工房では、

それぞれのパートに分かれて作業をしています。


 

 

一足一足デザインも色も違うオーダーを製作するのに、

効率性を求めるのは難しいです。

必然的に時間と手間を要します。

木型に癖のある底付けは作り手の工夫も必要です

最後まで仕上がった靴でも、

松本が最終チェックの際ダメとなったら最初から作り直しです。

「これで良い」の基準は彼の中にあります。

難しい局面でも出来ないではなく、仕上げる方法を皆で探して。

そうしながらそれぞれのスタッフ達の技量も向上してゆきます。

IMG_7444[1]

tartaruga の工房にフォーカスした新サイト作製に向け撮影が入りました。

IMG_7441[1]

tartaruga   のサイト媒体の製作をして下さっている徳田夫妻。

気心のしれた tartaruga family のお二人です。

お伝えしきれていない tartaruga の顔をお伝え出来る事と思います。

ご期待くださいね!


tartaruga で1足目に選ばれる靴

2017.05.16

tartaruga にご来店下さるお客様のほとんどは、

ご自身の足の幅や甲周りの値が日本の靴の規格サイズに無いくらい細いために、

大きめの靴を子供の頃から履くことを余儀なくされてこられました。

 

N0.730  T7  ¥68,000  ロングセラーの定番

IMG_7429[1]

大きめの靴を履き続けることにより起こる様々な身体への不調を改善するには、

「きちんと足に合った靴を履き正しく歩く」

ということに尽きます。

No.1083 Y80 ¥75,000  6cmheel

IMG_7432[1]

外股でもなく内股でも無く、

まっすぐ母指球を感じながら歩くことが大切です。

そうすることによって母指球の巻き爪の予防にもなります。

No.1088 T7 ¥68,000 オペラシューズ

IMG_7434[1]

毎日繰り返されるあるくという事、

積み重ねの習慣は大切です。

でも大きいサイズの靴では真っすぐ蹴ることは出来ないのです。

前の浅い靴も難しいです(脱げない様に意識して足を運びますから)

なのでtartarugaでは、紐ぐつか深めのスリッポンをまずはお勧め致します。

自身の広がりすぎた足や、伸びてしまったアーチを戻してゆくことが重要ですから。

tartarugaでは、採寸・フットプリントによる足のチェックに加え、

歩き方のチェックもさせて頂いております。

ご自身の足を知ることが失敗しない靴選びのポイントです。

5月17日(水)~22(月)迄

梅田阪急百貨店9階「靴のすべて展」に出展します。

期間中終日松本は会場におります。

どうぞお気軽にお越しくださいませ。

尚お店は平常通り営業致します(日曜定休)

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 


「梅田阪急百貨店・靴のすべて展」催事出展のご案内

2017.05.06

 

阪急百貨店での催事も好評を頂きまして、5月にも出展致す事と成りました。

*5月17日(水)~22(月)迄

9階「靴のすべて展」

出展アイテムは以下の通りです。

初めてのお客様向けの定番のレースアップから、

木型違えでバックレスサンダルや今年のトングサンダルまで。


阪急5月催事歩き方のチェック等もおりまぜながら、

正しい靴選びについてもお伝え致しております。

どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ。

お待ち申し上げております。


夏の旅のお供に

2017.04.18

肌寒い日が多かった4月もそろそろ初夏へと移行しそうな感じですね。

来週末からは大型連休が始まります。
IMG_7991

開放的な気分でリラックスムードの時は

遊び心いっぱいのこんなトングサンダルはいかがでしょう?IMG_7412[1]

↑ No.1710  T3  2.5cm ¥48,000(税込み)~

トングサンダルの中敷き部分は

カラーコーディネートの重要なポイント

上質な柄スエードや色で遊んで下さいね。

IMG_8001

↑ No.1071 T3  2.5cm ¥48,000(税込み)~

トングサンダルですがかかとも包んでいますので、

安定感抜群です。

IMG_7411[1]

ハラコを使って大人の上質なトングサンダルを。

IMG_8002

機能性として押さえるべき所はきちんとおさえながらの

ミニマムデザイン。

No.1030  T3 2.5cm ¥48,000(税込み)~

IMG_7415[1]

リボン・タッセルをつける事が出来ます。

すべてのパーツの色をお選び頂けます。

右脳を最大限に使って想像してみて下さいね。

tartaruga  は日曜定休です。

日曜日以外は祝日も営業致します。

am 11:00 ~pm 7:30

ご来店の際はご予約を頂けましたら幸いです。

tel   fax  06-6209-0737

ゴールデンウィークもお待ち申し上げております。

只今製作日数は2カ月(最大)頂いております。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


受注最盛期を迎えています

2017.04.10

3月初旬に東京オーダー会等で頂いたご注文の製作に入っています。


個性的な革使いや、品の良いイエローの甲革・・。

同じデザインでも出来上がりは様々です。

頂いたご注文は一点一点足型に合わせて調整を加え、

上の写真の様に木型に入れて5日寝かせます。

普通では1日のこの作業に5日かけるのには、

様々な利点がありますが中でも一番に挙げられるのは、

型崩れがしにくいことです。

適切に手入れをすると長くお履きになれます。

機能性とファッション性が備わっていますので、

このブーツサンダルは人気があります。

只今製作日数は2カ月を頂いています。

tartaruga  はゴールデンウィークも日曜以外は営業致します。

ご来店の際はご予約を頂けましたら幸いです。

営業時間 am 11:00 ~pm 7:30

どうぞ宜しくお願い致します。


3月も終わり

2017.03.31

今日は雨の大阪です。

3月は東京ヒルトンでのオーダー会、梅田阪急百貨店での催事出展がありました。


今日もこの雨の中、阪急百貨店催事にお越し下さったお客様がご来店下さいました。

阪急百貨店では新しいお客様との出会いが多いのが嬉しいです。

 

 

このお店にはなかなか敷居が高くて行けないと仰る方が多いのですが、

イベントを通じてお話をさせて頂いたり、靴をお試し頂いたりして実際に体感していただくと

それならばお店で色々と他も見てみたいな・・とご来店される事が多いです。

 

色々な機会を通じて様々な御足に、直接松本がアプローチさせて頂くことで、

tartaruga  の靴はどんどん進化してゆけると思っています。

この小さなお店の地下に工房を据えたのは、

松本やスタッフの思いがリアルタイムに形に出来る様にとのことからです。

ただいま製作日数は2カ月頂いております。

まだまだ夏物も間に合います。

今年は「黄色」に目がいきますね!

 


その靴、痛くないですか?

2017.03.20

この3連休はご遠方からのお客様が特に目立ちました。

そして何名かの方がこの御本をご覧になっての事でした。

IMG_7386[1]

 

東京新宿で中敷き調整の専門店「コウベヤ」を運営されている西村 泰紀氏が書かれた御本です。

予約2カ月待ちのお店は靴(足)に悩む女性のかけこみ寺的存在。

本には足について靴選びについて解りやすく書かれています。

「開帳足」「内反小趾」「外反母趾」・・等々。

歩かなくなった現代人とって、足は多くの問題を抱えることになってしまっています。

松本も常にお伝えしていますが、靴幅は実寸より大きめを選んではダメです。

大きめの靴≠足に良い靴

でも、今だに日本の靴の規格サイズは幅広甲高が主流なんです。

今あなたの靴は足に合っていますか?

履ける靴はスニーカーしかないですか?

(スニーカーも幅を選ばないと疲れます。)

靴の中に滑り止めの中敷き入れて、靴下履いて前滑りを止めていませんか?

一度きちんとご自分の足を知ることから始めませんか?

3/22(水)~27(月)阪急百貨店9階催事場にて

「靴のすべて展」にtartartuga が出展致します。

どうぞ一度お試しくださいませ。

IMG_1346

写真は前回の様子です。

お待ち申し上げております。


tartaruga 梅田阪急百貨店催事のご案内

2017.03.15

 

 

 

阪急百貨店梅田本店9階にて「靴のすべて展」に出展致します。

2017年3月22日(水)~27(月)

am10:00~pm8:00(金曜、土曜はpm9:00迄)

 

 

IMG_0822

 

 

出展するデザインは以下の通りです。

EPSON MFP image

EPSON MFP image

定番のデザインを中心に、お持ち致します。

「淀屋橋のお店へはちょっと行きにくかったけれど、是非履いてみたかった」

「誰かにきちんと自分の足を診てもらいたっかった」

「何が原因でいつもこんなに靴選びに困るのか・・知りたかった」

回を重ねる度にその様なお客様のご来場が増えてまいりました。

催事期間中終日、松本は会場に居ります。

基本的に予約制ではございません。

ご対応に時間がかかることもございますのでご了承下さいませ。

tartaruga のお店は期間中も営業致しております。(日曜定休)

どうぞ宜しくお願い申し上げます。


「東京オーダー会」終了致しました

2017.03.07

3月3.4.5日の東京オーダー会が無事終了致しました。

IMG_7541 良く晴れた東京ヒルトン30階からの景色です。

 

 

 

IMG_7578

 

 

 

tartaruga のイメージカラーの赤の布の上に並べられた

色とりどりの靴に少し戸惑いながらも、

皆様この日をお待ち下さったご様子、

和やかに会は進みました


IMG_7579

IMG_7582

IMG_7554

 

採寸し終わると、一足一足まずはひと通り履いてみて、

ご自分に合う靴を見つけてゆきます。

ご自身がこれが良いなと思っても、実際履いてみるとしっくりこなかったり、

あるいは「これはおやめになった方が良いですね。」と促されたり。

そして形を選べたら色決めをしてゆきます。
IMG_7619

100色以上もある色柄革サンプルから、

ご自分の「色」を選ぶのも、少し苦心しながら楽しんで頂けたでしょうか?

IMG_7569

毎回の様にお越し下さるお客様も、

今回思い切ってお越し下さったお客様も、

本当に有難うございました。

またお目にかかれますように!


scroll to top