Blog

話題の ”Advanced Style”

2014,1,16付のFace Book に本 ”Advanced Style” (50-100歳超のNYのお洒落な女性達の写真集)の紹介を致しましたが、今その映画が上映中でやっと観てきました。

NYならではの独創性あふれるファッションは、本の中でも存分に紹介されていましたが、心惹かれるのは、映画の中で語られていたそれぞれの女性達の、ちょっと鼻の奥がツンとくるような寂しさや孤独。

お洒落は外見を装い賞賛を浴びるという発信要素だけでは無く、時に折れそうになる自分を鼓舞する為にも有るようです。 (職業柄か画面に登場する女性達の足の外反母趾がとても気になってしまった私です 笑)

 

さて、松本と歓談する女性は tartaruga のお客様。文字通りStyleのある生き方をされています。

年齢は60歳代ですがお仕事をお持ちで、とてもクリエイティブで大変な努力家です。

50歳を優に超えてから始められたpianoは、ゆっくりゆっくり弾ける曲を増やし、今も忘れない様に1日15分でもpianoの練習をされているとの事。

又、60歳から始められた乗馬は、仕事帰りに週に3~4日通われて、今や競技に出る迄に。 「私なかなか出来ないから~」と笑いながら仰いますが、「でもできなかった事が出来る様になるのが嬉しいの。」と素直な言葉に実感がこもっています。

いつもたくさんのお荷物を抱えて来られますが、その中には図書館で借りて読まれている多ジャンルの本が数冊。「もう目が老眼で疲れ易くて…」などと本離れの言い訳をする自分が恥ずかしくなります 。

お洒落で潔いまでに好きな事に一途なその姿勢に、こちらはいつも刺激を頂き、楽しいお話に時間が過ぎてゆきます。

「あら、行かないと!」と小走りでイタリア語を学びに行かれるお姿に、思わず身が引き締まる思いがしました。

IMG_1909

 

豊富なサイズ展開 tartaruga の靴

tartaruga  では最大33インチ(20.5㎝)~38.5インチ(26㎝)迄のサイズをご用意致しております。(各アイテムにより多少のずれはございます。)

 

足の幅の微調整は当然に致しておりますが、どうにもならないのが足の丈(長さ)。足が小さすぎて靴が無い方は、仕方なく大きめの靴に全中敷きを敷いて詰め物をして履いておられたり、足が大きくて選べる靴が市場に少ない方は、仕方なくスニーカータイプを選ばざるおえなかったり。

また、足の丈の左右バランスが大きくてワンサイズ位違う方は、靴を大きい方の足に合わせて選ぶので、小さい足が靴の中でガサガサするということに。でも、tartaruga では左右サイズ違いのご注文も可能です。

 

靴について、「仕方ないかな・・・」と諦めておられる様々なお悩みをお持ちの方は、是非一度tartaruga にご相談下さい。

自社専用工房での製造ですから、お客様の足、お顔、その方の運動量やそれに伴う浮腫の度合い等、一足一足思い浮かべながら造っております。

難しいケースはスタッフ全員で最善の対処方法を検討しながら。

 

 ”足元が残念” そんな思いをなさらないで下さいね。

 

 

IMG_1741

         品番No.730 サイズ展開 33インチ~38.5インチ ¥67000

IMG_1742

          品番No.1313 サイズ展開33インチ~38インチ ¥65000

 

 

体感する事がすべて

IMG_1677

 

IMG_1123

 

FullSizeRender

 

 

体感する事がすべて

大阪淀屋橋に位置するtartarugaは、大阪市庁舎、日本銀行、大手企業会社が連立するビジネス街であり、又今中之島公園では薔薇が咲き乱れ土佐堀川を眺めながら、ゆったり食事が出来るレストランも連日賑わっております。

夏を思わるような暑さになった昨日、店内を覗かれている女性と目が合いました。
tartaruga は路面店ですのでこんな事はよくありますが、そんな時松本は気軽に声をかけます。

恐縮気味に入店された女性H様、「オーダー靴屋さんですか~?凄いですね~!」何がすごいのか( 笑)ですが、「なんか、足が痛そうやなぁ~、一度足測りましょうか? まぁ別に買わんでも良いからどうぞー 」と松本。「えー良いんですか~?宜しくお願いします!」といつも通りの計測作業。

その結果「あなたはA幅で、幅細、甲低で市販の靴の中から選ぶのは難しい足ですよ。」「だからですか?私何を履いても足が痛くて、歩き方も変なんです。おまけに腰まで痛くて…。」そこからまた歩き方のレクチャーが始まります。
H様は数々の靴に対する思い込みや、靴選びの間違いに気付き目がキラキラされていました。
「私この靴欲しいです!」「このフットプリント持って必ず買いにきます!」と言って、心なしか背筋も伸びた様にお仕事に戻って行かれました。

毎日繰り返されるお客様とのやり取りの中で、稀に足の事を熟知されている方もおられますが、ほとんどの方がH様の様な方です。

でも松本はこんな出会いをとても大切に考えております。

難しく考えないで、一度足を測ってみて、そして体感してみて…。
 
tartaruga  はそんなお店です(^^)

 

微調整の重要性



 

tartaruga はオーナーでありデザイナーの松本が作るオリジナル木型、オリジナルデザイン、専用の地下工房で手造りで製作致しております。

木型はおおよそAAAAA〜C (幅細甲低対象)10型あります。
なるべく足に合う木型をお勧め致しますが、それでもデザインカットの具合や、お客様の足の左右バランスの違いなどで、少し甲周りがきついとか、幅がきついとかが有る場合があります。

そこで重要なのが写真のように革パットを入れながら、フットプリントを睨みながらの調整です。
そして写真の様に靴の中に木型を入れたままの状態で、約6日間馴染ませの時間をとります。(恐らく他では無い作業です)
フルオーダーではありませんが、なるべくそれに近づける様、見えない所に工夫を凝らしながら試行錯誤を繰り返しております。

足にお悩みをお持ちの方は、是非一度足の計測にお越し下さい。
まずそこからはじめてくださいね!

アーカイブ