Blog

今年も一年有難うございました。

今年は災害や猛暑に見舞われた厳しい一年でした。

関西地方で大雨や地震があったときは、遠方のお客様からお声をかけて頂きました。

tartaruga  をご心配頂ける事に胸が熱くなりました。

写真 2018-12-27 20 55 43

初めての東京での6日間のPOPUPSTORE

「ずっと履いてみたかったんです!」

と嬉しいお客様の声

写真 2018-12-27 21 14 08

「私はこのお店が無くなると困るんです!」

お店を営むものとして、これ以上ない嬉しいお言葉

写真 2018-12-27 21 14 42

今までの靴にさよならして足に合うtartarugaの靴へ

写真 2018-12-27 21 16 17

写真 2018-12-27 20 57 17

「足元が変わると服への関心も高まり、おしゃれが楽しくなった…」

と、満面の笑みでお話しして下さるお客様も。

来年もまた、一歩一歩、歩みを進めながら、

より良い靴作りを目指して頑張りますのでどうぞよろしくお願い致します。

!cid_167f321086a8385216d1

2019年1月7日より平常通り営業致します。

みなさま良い年をお迎えくださいませ。

tartaruga:日曜定休

営業時間:11時~19:30

tel:06-6209-0737

 

世界に一つだけの自分仕様の靴

「足に合う靴」を履くという事はもちろん第一に考える事、

そして履くことで心が浮き立つ物であってほしい…というのが tartaruga の思いです。

!cid_1670c60c07ac1b15deb1

 

お客様が、オーダーして下さった靴達。
!cid_1670ff8d122fdbc36ea1

 

お足に合わせて微調整を施し、
!cid_1670ff99b60105af1ef1

革素材を選びに選んで・・
IMG_3072

いつもより少し個性的な配色を選択してみたり・・


IMG_3073

お友達に褒めて頂いたと嬉しいご報告を下さったり・・
IMG_4778

いつも優しく見守っておられるご主人様と共にご来店下さるご夫妻も。

*

「良い靴は履く人を良い場所へ連れて行ってくれる」(イタリアの諺)

本当にそうだと確信しています。

「良い場所」「良い出会い」「良い時間」

皆様にとって、価値ある靴になります様に。

秋冬物の客注を全力で製作中

9月は東京の popup store での催事や、大阪阪急百貨店での催事等

イベントがありました。

今は頂いたご注文1足1足について

木型に微調整を施し、それぞれのオーダー色・素材で裁断し、

縫製、底付けへと工程を重ねております。

写真 2018-10-20 17 47 41

お客様お一人お一人が考えて選んだコーディネート。

かなりお悩みになられたかたも、

サンプル通りにされた方も…。

 

東京の受注商品につきましては、

早く出来上がった商品から随時発送させて頂いております。

写真 2018-10-20 17 47 52

写真 2018-10-20 17 42 40

お手元に届きます迄もうしばらくお待ちくださいませ。

よろしくお願いいたします。

tartaruga は日曜定休で、祝日は営業致しております。

ご来店の際はご予約を頂けましたら幸いです。

06-6209-0737

今でしたら、まだ年内仕上がりに間に合います。

 

 

 

話題の ”Advanced Style”

2014,1,16付のFace Book に本 ”Advanced Style” (50-100歳超のNYのお洒落な女性達の写真集)の紹介を致しましたが、今その映画が上映中でやっと観てきました。

NYならではの独創性あふれるファッションは、本の中でも存分に紹介されていましたが、心惹かれるのは、映画の中で語られていたそれぞれの女性達の、ちょっと鼻の奥がツンとくるような寂しさや孤独。

お洒落は外見を装い賞賛を浴びるという発信要素だけでは無く、時に折れそうになる自分を鼓舞する為にも有るようです。 (職業柄か画面に登場する女性達の足の外反母趾がとても気になってしまった私です 笑)

 

さて、松本と歓談する女性は tartaruga のお客様。文字通りStyleのある生き方をされています。

年齢は60歳代ですがお仕事をお持ちで、とてもクリエイティブで大変な努力家です。

50歳を優に超えてから始められたpianoは、ゆっくりゆっくり弾ける曲を増やし、今も忘れない様に1日15分でもpianoの練習をされているとの事。

又、60歳から始められた乗馬は、仕事帰りに週に3~4日通われて、今や競技に出る迄に。 「私なかなか出来ないから~」と笑いながら仰いますが、「でもできなかった事が出来る様になるのが嬉しいの。」と素直な言葉に実感がこもっています。

いつもたくさんのお荷物を抱えて来られますが、その中には図書館で借りて読まれている多ジャンルの本が数冊。「もう目が老眼で疲れ易くて…」などと本離れの言い訳をする自分が恥ずかしくなります 。

お洒落で潔いまでに好きな事に一途なその姿勢に、こちらはいつも刺激を頂き、楽しいお話に時間が過ぎてゆきます。

「あら、行かないと!」と小走りでイタリア語を学びに行かれるお姿に、思わず身が引き締まる思いがしました。

IMG_1909

 

アーカイブ