Blog

Home > BLOG

タルタルガ Shoes デザイナー日記

tartaruga-Laboratorio

2016.06.25

IMG_1469 [1]

 tarutaruga  地下にある工房です。

地下ですが外光の採れ、明るいです。

IMG_1464 [1]

 専用棚の黒のボックスには、靴の各パーツが収められています。

IMG_1468 [1]

 大きな窓に面して設置してあるのは、革を{すく}機械です。

IMG_1466 [1​​]

 tartaruga  は革素材や色を自在にお選び頂けますが、それに合わせて糸もこの通り。

これは何気ない風景にみえますが、靴の甲革縫製にこれ程の多色を揃えている所は

無いと思います。


IMG_1472 [1]

IMG_1471 [1]

「上田安子服飾専門学校」にそれまで無かった「シューズコース」を

20余年前新設したのが松本です。

その初期に育てた生徒さん達が、

それぞれの努力で磨き上げた技術でtartaruga  を支えてくれています。

こだわりの強い松本の性質も十分に理解して、期待に応えようとまたそれ以上へと。

確かな信頼関係のもと、良い物づくりへと精進の日々です。


商品の御紹介

2016.06.15

No.1357  PM58木型 足囲B 甲周りAA Heel  6cm ¥63000

tartaruga のパンプス木型の中では足囲は一番ゆったりしています。

しかし、甲周りは AA となっていますから、比較的浅いデザインですが足の前滑りをおさえます。

また、少し外反母趾が出てきた足でも対応できるかもしれません。

足囲がBで甲周りがAA?と思われるかもしれませんが、これは自作の木型であるから出来る工夫であります。

女性の足を相当数見てきた松本が、作りだしたバランス値です。

IMG_1370[1]

 

 

IMG_1371[1]

 

 

いつも履きつぶすまで履ける靴を見つけられないのには、ご自分の足に対する認識が実際とずれている場合が多々あります。

自分はそれ程細い足では無いと思われているかたでも、大きめの靴を履くことで崩れていく(弱っていく)靭帯や筋肉‥。

色々弊害を生んでいきますのでご注意下さいませ。

なにかしっくりいかないのには理由があります。

 


商品の御紹介

2016.06.01

 

 

夏のフラットシューズです。

No.1377  T7  2cmヒール ¥68,000

サイドにチュールメッシュや革の本メッシュをあしらうと、夏仕様として涼しいです。

また、肌が透ける事によりフラットシューズですが、 女らしい雰囲気になります。

軽いワンピースにも、パンツスタイルにもお履きいただけます。

 

IMG_1386[1]

 

 

ヒールにメタリックシルバーやゴールドをあしらっって、中底までそれに合わせたり・・と、随所に遊び心を。

フラットシューズにありがちな、ルーズな足元にならないように。

履きこみも極端に浅くしすぎないで、足指をきちんと使って歩けるように(前が浅すぎると脱げないように歩こうとするため、がに股になる傾向があります)。

 

 

IMG_1385[1]

 

エナメルとチュールメッシュも涼し気です。

 

IMG_1016[1]

 

ペディキュアとコーディネートしても素敵だと思います。

旅行などにも重宝しそうです。


scroll to top